小児科に関することはなんでもご相談ください。 21世紀の命を育む新潟市秋葉区の「小児科 たかのクリニック」へようこそ!

赤ちゃん子どもの予防接種

トップページ赤ちゃん子どもの予防接種

なぜ予防接種を受けるの?

赤ちゃんの健康を守るとともに病気を流行させないために必要です。
ママからもらう免疫は、時間の経過とともに失われます。それからは赤ちゃんが自分で免疫をつくって病気を予防しなければなりません。その助けとなるのが予防接種です。予防接種の対象となる病気は、赤ちゃんがかかると重症化したり、まれに重い後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至ることもある怖い病気です。
赤ちゃんや子どもの健全な成長のために予防接種は欠かせないもの。その意味や内容をよく理解して、積極的に受けましょう。

予防接種の種類と接種対象年齢

定期接種は、国や自治体が「受けるように努めなければならない」と強くすすめている予防接種で、決められた期間内であれば無料で受けることができます(期間を過ぎると自費となります)。
任意接種は希望する人が受ける予防接種です。費用は自己負担となりますが、赤ちゃんや子どもが重症になる可能性がある病気なので、母子手帳に記載のあるワクチンはなるべくすべて受けましょう。

定期接種

予防接種名 接種できる年齢 接種回数、接種間隔、その他
四種混合(DPT-IPV) 生後3ヶ月から7歳6ヶ月まで 4回接種
BCG 3ヶ月から1歳まで 1回接種
Hib
(インフルエンザ菌b型)
2ヶ月から5歳まで 4回接種
小児用肺炎球菌 2ヶ月から5歳まで 4回接種
B型肝炎 生後早期から 3回接種
麻しん風しん混合 1期:1歳以上2歳未満 1回接種
2期:年長さん(3月31日迄) 1回接種
水痘(みずぼうそう) 1歳以上3歳未満 3ヶ月空けて2回接種
日本脳炎 1期:3歳以上7歳6ヶ月未満 初回接種 1〜4週間あけて2回接種
追加接種 初回接種後おおむね12ヶ月後に1回接種
2期:9歳以上13歳未満 1回接種

任意接種

予防接種名 接種できる年齢 接種回数、接種間隔、その他
ロタ 6週から6ヶ月まで 2回接種 14,800円×2回
インフルエンザ 生後6ヶ月から 1回目 4,000円、2回目 4,000円
12歳以下の方は2回接種をお勧めします。
13歳以上の方は1回接種です。
受験生の方は年齢にかかわらず、2回接種をお勧めします。
※1回目と2回目の間隔は1~4週間ですができれば4週間がお勧め。
4週を超えても接種できます。
おたふくかぜ 1歳から 1回接種 8,000×1回 (2回接種をお勧めします。年長さん+1ヶ月)

任意接種の重要性について

予防接種の予診票ダウンロードもこちら 任意接種の重要性について

 

予防接種

1歳までの予防接種スケジュール 1歳からの予防接種